【信州大学の新しい団体】地域参画プロジェクトCHANGEとは?

みなさんはじめまして!

nagauniさんで記事を書かせていただけることになりました、CHANGEです。

え?CHANGEって何のことか分からない?…時代遅れだなあ!(大嘘)

知らなくて当然です。だって、この4月にできたばかりなのですから。

私たちの正式名称は「地域参画プロジェクトCHANGE」と言います。

今回は初めての記事ですので、簡単に私たちのことを紹介していこうと思います!

1.概要

2017年12月。

バス遅延問題解決に向けて、2件の請願・陳情書が採択されました。

1つは、ICカードの導入。もう1つは、遅延状況を調べられるシステムの導入。

 

これらを提出したのは、信大生です。

多くの人が、不便だと思っていた。でも、行動の起こし方が分からない。

そもそも、自分の考えや意見で何かが変わるかもなんて思えない。

そういう行政に関わることは一般市民の手ではどうにもならないだろって、なんとなく諦めてる。

でも、本当にそうでしょうか?やってみたらなんとかなること、意外とあるのでは?

そう考えた信大生が友人やSNSで声をかけてメンバーを集め、2018年4月に結成し、5月より活動

を始めた学生団体。

私たちの、私たちによる、私たちの“まち“のための団体。

それが、CHANGEです。

①活動目標

 

少しだけ。

私たちの暮らすこの「まち」を、暮らしやすく、生きやすく、魅力的な場所へと変えていこう。

 

 

②活動内容

 

私たちが暮らしている“まち”の現状をリサーチする。

良いところや問題があるところを考える。

どうすればもっと、暮らしやすく、生きやすく、魅力的になるのかを考える。

実際にActionを起こしてみる。

Actionを起こしたことで、何が変わり、何が変わらなかったのか、リサーチを続ける。

私たちの活動を伝え、広めていく。

③活動日

基本毎月第1火曜日、第3月曜日 18:00~
信州大学松本キャンパス内

※月によって変動するので詳しくはお問合せよろしくお願いします。

④メンバー紹介

現在メンバーは計17名。その多くが信州大学人文学部です。

なぜかというと、団体長が人文女子で、その友人に声を掛けて立ち上げた団体だからです(;’∀’)

しかし、医学部や理学部、教育学部の方もメンバーにおり、何学部の方でも大歓迎な団体です!

⑤実績

2017年12月、松本市議会に陳情書と請願書を提出しました!

陳情書では、遅延の多いバスにのる際、せめてどのくらい遅れているのか確認できるようにするために、アプリでバスの居場所を見ることが出来るバスロケーションシステムの導入を求めました。

請願書では、SuicaやPASMOなどの全国で利用可能な交通系ICカードを市内のバスで利用できるようにすることを求めました。

どちらも無事採択され、現在導入に向けて動いている真っ最中の模様です!

④連絡方法

地域参画プロジェクトCHANGEは、ホームページ、Twitter、facebookを利用しています。下記リンクより是非ご覧ください!お問い合わせはTwitterのDMや、ホームページの質問フォーム、もしくはshinshuchange@gmail.comまでお願いいたします。

2.宣伝

6月11日月曜日18:00より、信州大学全学教育機構23番教室にて、イベントをやります!

その名も「新入生アンケート分析会」

メンバーでなくても、だれでも気軽に参加することができる会です!詳しくは明日の記事をお楽しみに!

3.最後に

CHANGEの活動の様子は、TwitterやFanebookにももちろん載せますが、詳しいことはnagauniさんの記事でも皆さんにお伝えしていければなと思います( *´艸`)

皆さん、お付き合いいただけると嬉しいです!よろしくお願いします。

ではでは皆さん、次の記事でお会いしましょう。今日のライターは、頼りないCHANGE団体長、やの🐷でした(‘ω’)ノ

この記事を書いた人

CHANGE

CHANGE

2018年春始動開始。松本市を中心とした社会問題を考え、アクションを起こしていく学生団体。昨年、バス遅延問題解決に向けて、2件の請願・陳情書の提出を行いました。
https://shinshuchange.wixsite.com/change

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!