「国家公務員一般職」税関職員に内定の就活体験記 勉強方法・官庁訪問について

国家一般職に内定者にインタビュー

国家公務員!かっこ良すぎますね!

誰もが憧れる職業なのではないでしょうか?

その国家公務員の中の税関職員の内定ゲットした学生がいるとの情報を受け、早速連絡!

国家一般職の業種としては「税関職員」所持品で出国国の税金や輸出入の税をチェックする人です。

国家一般職の「税関職員」って何?

税関職員とは、輸出入の通関や密輸入の取り締まり、関税や消費税などの徴収のために主要な空港や港に設置されている税関において、国家公務員として安全で公正な貿易の実現に携わる仕事です。

 

国家一般職内定者プロフィール

国家一般職 官庁訪問 体験記

学生証
①名前:Yさん
②所属:信州大学経済学部4年
③特徴:優しい微笑み

国家一般職を選択するまで「民間か公務員かの選択」

3年初めの公務員講座でなんとなく

どうしようかなと漠然と思っていた時に、3年初めに公務員講座の締め切りが迫って来て、本気で悩み始めた。

公務員講座とは?

信州大学生活協同組合では、大学の協力をいただき、学生就職支援活動の一環として「公務員試験合格対策講座」を運営しています。 激戦化が続いている公務員試験では、独学で合格するのは極めて困難であり、多くの公務員志望の学生、浪人生、民間企業からの転職希望者が、予備校または学内の公務員講座で学んでいます。そういう状況の中で、公務員試験に合格するためには、そのポイントを把握して要領よく合理的に学習する必要があります。 公務員を目指す信大生の皆さんの合格のために、業界の中でも指導力に優れた一流の講師陣を配して、どの学部の学生にもゼロから分かりやすく全力で指導・支援します。

公務員は早く動かないとやばいよと言われて迷っていたら、両親が「あなたは公務員の方が合うんじゃない?」と進めてくれたのもあり始めてみたのがきっかけで公務員を目指しました。その時は、「自分は公務員に多分あってるんじゃないかなー」っていう軽い気持ちでした。

志望動機は最初はなく、ただただ授業を受けていた。動機とかがないから聞かれると言葉に詰まっちゃうものがあったのが3年の初めでしたね。

国家公務員に決め勉強を始める

公務員にも実は二種類あって、国家公務員と地方公務員があります。

国家公務員は大まかにいうと、国家公務員が国家の運営に関連した業務を行うのに対し、地方公務員は住民の生活に密着した業務を行っています。

どっちにするか悩んでいた時、3年の夏休みのタイミングで霞が関で国の仕事を見る機会がありました。そこで、実務を見て、国だと総務省、財務省といった省ごとの枠組み内で分けられてるから専門性が高いから、特化してやれるのは面白そうと思い国家公務員に決め勉強により熱を入れて取り組むことができましたね。

国家公務員の職種に悩む「官庁見学へ」

「公務員対策に取ってると12月の面接練習のために職種を決めないといけないんです!」

国家一般職 官庁訪問 体験記

(はや!!!!!!)

職種決めでは、労働法を学んでいたので、厚生労働省はいいかなと最初は思っていました。ただ、元々英語や海外に携わる仕事がしたいと思っていたのもあり、税関や入国管理局など海外に携われる仕事いいなとも。

でも、2-3月に関東圏内の国家一般職の官庁見学ツアーで、自分の好きな職種を回ってゆっくり話を聞けるタイミングで様々な官庁の雰囲気をみて税関一本になりました。

働いてる人の雰囲気を見て、真面目で仕事に一生懸命な姿から「この人たちと一緒に働きたい」と自然に思っていました。

最初は親のおすすめや安定性で選んでいましたが、『ここの省庁で働きたい!!!』という思いからの、税関職員志望の決断に踏み切りました!

4月は官庁が主催する合同説明会に行きまくってましたね!もう志望部署は決めていましたが、職員の人と接点を持ちたいのとアピールをしたいという理由からでした。でも、モチベーションにも繋がりいい時間でしたね!

国家一般職の勉強期間・方法を公開

国家一般職に向けた勉強方法

公務員講座を受けていたが、先生の脇道にそれる話がイライラしたから、DVDで1.5倍速で見たりしていたかなー。冬休みぐらいからは時間の使い方も大切だから、DVD早く見て、あやふやな知識を正す時間にしたりしました。

国家一般職 官庁訪問 体験記

2月から、モチベーションのために勉強時間を手帳にグラフ化して記録。穴が埋まるのは安心する。

実際の手帳を見せてもらいました。

国家一般職 官庁訪問 体験記

(やばい・・・・すごすぎる・・)

勉強量を一発でわかるので6月の試験までずっと続けていた。試験当日に手帳を開くことで頑張りが思い出されて謎の励ましになる。

(なんか受験みたいですね・・・・)

 

「いや、受験です!!」

 

4月からは、友人を連れて図書館で勉強に切り替え。一緒にやるとモチベーションも上がるし、何より話し合い手ができて楽しかったですね。友人とやるのはおすすめです!

とにかく毎日死ぬ気で勉強しました!

合格までの勉強一日スケジュール

国家一般職 官庁訪問 体験記

 

7時起床

朝ごはん(ユーチューブで民法講座を流しで聞く)

10時までは机で勉強

9時半に友人を迎えに行く

10時図書館スタートとともに勉強

13時ご飯

勉強

17時半ご飯(アドバイス 6時からだと混むよ!笑

20時まで勉強で帰宅

(すごい勉強量・・・・・)

ポイント!

>>嫌いなものを先にやるように心がけていた。
朝頭を動かすために計算問題が苦手だけど1時間はやって脳を起こし、次には得意の科目をやったりした。

国家公務員試験の流れ「官庁訪問へ」

インターネットで申し込み(4月)

受験票

6月中旬に筆記試験

7月中旬人事院面接

8月の頭に合否わからないけど官庁訪問予約

8月末受かると官庁訪問

官庁訪問が始まるまでの期間、説明会等が様々な官庁で開催される。(選考会的な感じがすごい)

好きな官庁の採用面接を受ける

(税関、入管、労働局に依頼。)

官庁訪問体験からのアドバイス

志望度が高いところは官庁訪問の初日をとるべし。ここだけの話、8月の説明会や座談会で目星つけてるらしい・・(私のとことはそうでした)

なので、官庁訪問は本気の準備をおすすめします。

国家一般職に向けた「試験の練習」

「場慣れするためにたくさん試験受けました!」

国家一般職 官庁訪問 体験記

4月の末にスタートとして、国家総合職の1次試験を受けて怒涛の試験が始まりました!
次に裁判所事務官の申し込み忘れたけど(笑)。

そこから、5月の14日に長野県警の筆記、6月11日国税専門官、18日国家一般職、25日長野県庁。という感じで、毎週試験をでしたね。でも、とにかく試験という名のつくものは、受けまくりました。

それと、7月2日に大学法人を受けました。これに合格しておくと、他の公務員試験に落ちてしまった時の保険となるので安心です。

※注意!
これらの試験はどれも申し込み期間が短いので気をつけて下さい!

7月12日に長野県庁の面接でしかも国家一般職の発表の日が被ったことがあった!あれはめっちゃ緊張したりしたなぁ・・・(笑)

その次の日、国家の合同説明会があって、税関独自の(若手、中堅、幹部)との座談会の予約券を配るのをゲットするために一番に並んだ。個別の説明会も毎週あるから、合同の説明会を行かないといけないのは少し大変だね!

合説では一点集中で行くのがおすすめだよ!

最後の、人事院面接と長野県庁の2回目の面接が同じ日で悩んだが、長野県庁は諦めて自分の行きたい国家公務員の税関職員を選んだ。

「腹くくりましたよ!」

そして、無事面接を突破し、無事第一志望である、税関職員に内定をいただきました。

国家一般職を目指す人にアドバイス

国家一般職 官庁訪問 体験記

国家を目指すなら早くからサイト見ておいたほうがいいよ!HPのPDFがどんどん更新されて行く。逐一チェックして行かないとおいていかれちゃうからね!

自分のターニングポイントは官庁訪問ツアーで長時間税関の人に直接業務内容を聞けたのだったからあのツアーは本当におすすめ!!!

(3月に誰でも行けるので採用情報NAVIをチェック!)

頑張ってねー!!!

とても為になるお話ですね。公務員を目指す学生は年々増えてると聞くので、この情報は貴重です。Yさん、本当にありがとうございました!

【大手人材広告会社】内定者にきく就職活動の本音 』
【留学体験記】最近人気の中国留学の大学・費用・メリット

この記事を書いた人

おーはし

おーはし

1995年12月30日生まれ。経済学部4年。
1年間の休学を経てnagauniを開設する。仕事のスピードは神速。
美味しい料理とお酒が好き。主に、お役立ち情報を発信してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!