【カフェ初心者さん必見】松本での散歩ガイド おすすめ4選

 

はじめまして!
nagauni編集部に彗星の如く現れた期待の新星こと、うめこです。

長野の魅力を余すことなく発信するためにやってまいりました。あなたの日常をちょっと彩るきっかけになれたらうれしいです。

さて。記念すべき第一回は、松本のおすすめカフェを紹介します。文化の飛び交うまち、まつもと。

おしゃれなカフェがたくさんあることも、魅力のひとつです。

しかし。

“カフェ”というおしゃれな惑星にはどうやら、“インスタバエ”という新種の生き物が生息していて、
なんとなく怖いから行けない、という人も少なくないと思います。

そこで今回は。
カフェ初心者さん、ひとりでカフェに行きたいけど勇気が出ないひとに向けて、気軽に行けるカフェを紹介したいと思います。

実際のところ、どういうカフェなら入りやすいのでしょうか。カフェにあんまりいったことがなさそうな大学生に聞いてみました。

・入口がわかりやすい(22歳、女性)
・お店の前に看板があってメニューがわかる(22歳、女性)
・広すぎない隠れ家のようなところ(20歳、男性)
・可愛い内装や商品を売りにしていないお店(22歳、男性)
・カウンターがある(22歳、男性)
・照明が明るすぎない店(21歳、男性)
・店員さんが可愛い(22歳、男性)
〈一部抜粋〉

というわけで。大学生の声をもとに、筆者が独断と偏見で、初心者さんでも入りやすく魅力でいっぱいのカフェを4店選びました!

1 まつもと市民芸術館周辺

松本の芸術拠点、まつもと市民芸術館。芸術館の周辺には、いくつかカフェがあります。

その中でまず行っていただきたいカフェがこちら。

 栞日

松本を代表するカフェと言っても過言ではないのが、栞日さん。松本駅前の大通りをまっすぐ歩くと通り沿いにある、二階建ての“本屋あるいは喫茶店”です。

一階はあたたかな陽がさす広々とした空間。グループで座れる大きめのテーブルと、おひとりさまも座りやすい窓際のカウンターがあります。
二階は壁が本棚になっている、まさに本に囲まれた空間です。

本だけではなく、雑貨も販売。心地よい暮らしのヒントを集めているようです。二階には二人用の席がいくつかあり、ふかふかのソファ席もあります。

今回おすすめしたいのは、カレーと焼き菓子。素揚げされた野菜ののったベジタブルカレーが、絶品。
こっくり濃厚で、辛いのが苦手な人でもおいしく食べられるカレーです。

カレーは、飲み物とセットで1000円。(単品だと700円)

日替わりのケーキもおいしいです。こちらはスフレチーズケーキ。ふわふわで濃厚なチーズ感。甘すぎないのでペロリといただけます。
飲み物とセットで700円。(単品だと350円)

賑やかな大通り沿いにあるけれど、お店の中は落ち着いていて、まるで別の世界にいるみたい。

流れつづける毎日に、そっと栞を差すような。素敵な時間を栞日で過ごしてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

住所 松本市深志3-7-8
電話番号 0263-50-5967
営業時間 7:00-20:00
定休日 毎週水+臨時休業
HP http://sioribi.jp/
Twitter・FB有
備考 駐車場あり(約5台)

2 パルコ・中町通り周辺

駅のすぐ近くにある商業施設といえば、パルコ。学生が集う、パルコ。その周辺にも、カフェがたくさんあります。たくさんあるからこそ、どこに入ればいいのか迷う人も多いと思います。

パルコやすぐ近くの中町通りあたりにあるおすすめを3店一気に紹介します。

CONCOURSE CAFE
(コンコースカフェ)

松本中央郵便局の隣にある、入口がガラス張りになっているカフェです。奥行のあるお店の中は、白を基調とした落ち着きのある空間

壁は大きな本棚になっていて、さまざまな本が並んでいます。お店の奥には半個室のソファ席も。

コンコースカフェはメニューの豊富さが魅力のひとつ。ごはんもデザートもドリンクもお酒もたくさんあるので、どんなシチュエーションでもおすすめできるカフェです。

たくさんメニューがある中での、筆者のおすすめは

オムライスです。オリジナルの具だくさんトマトソースがたっぷりかかった、ふわとろのオムライス。950円(ランチタイムはドリンク付き)。

さらに、コンコースカフェでは、メッセージ付きのデザートプレートを用意してもらうことができます(2人用1000円~)。サプライズなど、親切に対応していただけるのでおすすめ。

カフェに慣れていないそこのあなたも、カフェに慣れていなさそうな顔をして彼女にサプライズできます。

ちなみに、コンコースカフェ。すごく可愛い店員さんがいます。毎日ではないので、チャーミングなお兄さんしかいなくても責任は取れません。

店舗情報

住所 松本市中央2-6-1
電話番号 0263-37-5517
営業時間 月・水~土 10:30~23:00
日 10:30-21:00
定休日 火曜日
HP http://concoursecafe.blogspot.com/
Twitter・Instagram・FB有
備考 予算 単品なら1000円以内

NAKAMACHI CAFE

土蔵が立ち並ぶ松本の名所、中町通り。
中町通りの真ん中あたりにある、蔵をリノベーションしたおしゃれなカフェ。

外にメニューが置いてあります。中は奥行があり、天井が広く吹き抜けになっています。席数もやや多め。

そんなナカマチカフェの看板メニューが、パンケーキ。

長野県産のこだわり小麦粉をふんだんに使用し、メレンゲでふわふわに仕上げた生地。

素材から手作りしたソースがたっぷりのふわふわパンケーキです。びっくりするくらいふわふわ。ふわふわ使用過多になるくらいふわふわ。

絶品です。
甘いのが苦手な方でも、お食事パンケーキがあります。
ぜひ一度、お試しあれ。(850~1000円)

また、新鮮なスペシャルティーコーヒーにもこだわりが。世界各国のコーヒー豆を楽しめるそう。コールドドリンクはグラスがかわいいのでついつい頼んでしまいます。

ナカマチカフェはお店が広く混み合うことが多いので、ひとりで行くのはハードルが高いかもしれないです。筆者は課題をやるためにひとりで行ったことがありますが、ど真ん中の席しか空いていなくてカップルに囲まれながら課題をやりました。

それでもおすすめしたいくらい、パンケーキがほんとうにおいしいお店です。初心者さんもぜひ行ってみてください。

店舗情報

住所 松本市中央3-3-17
電話番号 0263-50-6069
営業時間 10:00~18:00
(L.O 17:00 Drink 17:30)
定休日 木曜日
HP http://www.nakamachicafe.com/
FB有
備考 予算 1000~2000円

amijok

パルコ側から中町通りを抜けて左手にたたずむ小さなカフェ、amijok。入口には雑貨がずらり。インスタントコーヒーやコーヒー豆も販売しています。

日当たりが良い北欧テイストの内観で、カウンター席がたくさんあるのも魅力のひとつ。

amijokといえばなんといってもマフィンがおすすめ。

バラエティ豊かなマフィンを、日替わりで提供。
10センチくらいのまんまるマフィン。中には大きな具がごろごろ。

価格は種類によって異なりますが、500円以内で買えるものがほとんどです。テイクアウト販売もしています。

しっとりふかふかで、食べると元気になる魔法のマフィンなので、元気を出したいときに買いに行きます。人気なので午前中に行くのがおすすめ。

カフェスイーツも絶品です。こちらはチーズケーキ。甘酸っぱいレモン風味で、口の中に入れるとほろっととろけます。

「心地よい・嬉しい・おいしい」で満たしてくれるamijokで、ちょっと特別な時間を過ごしませんか?

店舗情報

住所 松本市中央3-4-14
電話番号 0263-88-6238
営業時間 10:00~18:00
(土・日・祝 8:00~10:00 L.O 9:45)
週末モーニング有
定休日 木・第2、4水
HP https://amijoktk.exblog.jp/
Twitter・FB有
備考 予算 ~1000円 駐車場あり(約2台)

3 まとめ

初心者さんにおすすめしたいカフェ4店、紹介させていただきました。

魅力たっぷりのカフェに行って、日常をちょっと彩る素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
そしてよかったら、感想を聞かせてください。

それでも行く勇気が出ないひとは、わたしと一緒に行きましょう。

ご愛読ありがとうめこでした。それではまた。

この記事を書いた人

うめこ

うめこ

1995年7月5日生まれ。人文学部4年生。
記事の校正、通称「うめこチェック」で目を光らせるナガユニの裏番長。食と人をテーマに、ナガノの「いいとこ」を伝えます。カフェ巡りとお洒落が大好き。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!