【2018年】ニューオープンの松本カフェ3選 実際に食べてきました!

今年も松本に新しいカフェがオープン!

みなさんおひさしぶりです、研究室の闇から這い上がったうめこです!
暑すぎて何もやる気が出ないのはわたしだけですか?いやきっとわたしだけではない。夏バテであんまり食欲が出ない、何も食べていない、という人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ここ半年以内でオープンした松本の新しいカフェを紹介させていただきます。夏バテで元気の出ない人が、外に出て美味しいものを食べるきっかけになれば幸いです。

松本のニューオープンカフェ1

&s ROAST FACTORY (2018/2/10 open)

松本市街地のメインストリート、中町通りに半年ほど前からオープンしている「&s ROAST FACTORY」 (アンドエス ローストファクトリー)

松本での散歩ガイドおすすめ4選で紹介したナカマチカフェの姉妹店としてオープンしてから、早くも市民や観光客でにぎわっているコーヒー豆とチョコレートの専門店です。自家焙煎のコーヒーだけでなく、2階の工房でカカオ豆から製造したチョコレートを販売している、松本初の「Been to Bar」のお店(※)なのです。

蔵を彷彿とさせるモノトーンの外装が目を引きます。店内は打ちっぱなしのコンクリートで作られたスタイリッシュな雰囲気。

&sでは、ここでしか味わえないちょっと特別なドリンクが販売されています。

濃厚なチョコレートを使用した、オリジナルドリンクです。自家製のチョコレートとコーヒー豆で抽出したエスプレッソのほろ苦い味わいが広がる、チョコプレッソ。チョコレートのそのままの味わいを楽しめる、チョコレートドリンク。
わたしがいただいたのは、

チョコレートと濃厚なミルクがまざりあう、チョコラテ

コーヒーが苦手な人でも味わえる、チョコレートとミルクの濃厚な風味がたまらない絶品飲むスイーツです。

そして、夏におすすめしたいのが

チョコレートソフトクリーム。店主さんおすすめの一品です。食べたお客さんが口を揃えて「チョコレートをそのまま食べているみたいだ」と言うのだそう。

実際にいただいたところ、チョコレートの芳醇な風味が広がる、今まで食べたことがないくらい濃厚なチョコレートソフトでした。本当にチョコレートをそのまま食べているみたい。

コーヒー豆・カカオ豆ともに産地ごと焙煎温度や時間を調整する、こだわりいっぱいの製品を販売する&s。カフェスペースはなくお持ち帰り専用のお店ですが、中に立ち飲みができるスペースもあります。松本の街歩きの休憩に、ぜひ立ち寄ってみては。

※Bean to Bar : カカオ豆を仕入れて焙煎・粉砕するところから、板チョコレートになるまでの全ての製造工程を、一つの工房でおこなうこと

店舗情報

住所 松本市中央2-4-13
TEL 0263-31-0949
営業時間 11:00~18:00
定休日 木
駐車場 有
予算 1000円以内 ドリンクはテイクアウト専門
HP https://s-roast-factory.business.site/ / yooying

松本のニューオープンカフェ2

丸山珈琲 (2018/4/28 open)

4月の終わりに建設された新しい松本のシンボル、信毎メディアガーデン


ナガブロ

メディアガーデンの1階と2階にオープンしたのが、丸山珈琲 松本コーヒースタンド / 丸山珈琲 松本店です。


丸山珈琲

丸山珈琲は、1991年に軽井沢で創業された、長野県の新しいコーヒーブランド。世界各地の高品質なコーヒー豆を独自の製法で焙煎しています。また、丸山珈琲松本店ではエスプレッソ、フレンチプレスでの抽出だけでなく、サイフォンコーヒーも提供しているそう。お好みに合わせて様々な抽出方法でコーヒーを楽しめます。

お店の中はシックにまとめられており、高貴な喫茶店のよう。落ち着いたひとときを過ごすことができます。


サイフォンコーヒー


フレンチプレス

世界各国のコーヒーを焙煎しているので、コーヒーは非常にたくさんの種類があります。気分に合わせて様々な味わいのコーヒーが楽しめるのも、丸山珈琲の魅力のひとつ。松本店でしか味わえない松本アルプスブレンドは、濁りのない透明感あふれるブレンドコーヒー。ほろ苦いダークチョコレートとさわやかなフルーツの風味が口の中で広がり、松本ならではの一品です。

わたしがよくいただくのは、こだわりのエスプレッソをたっぷり使用したカフェラテ。うまみをギュッと凝縮したエスプレッソが、ミルクの風味を引き立てます。暑い夏には特におすすめです。

1階にあるのは、ちょっと時間が空いた時にも気軽に立ち寄れるコーヒースタンド


丸山珈琲

コーヒーはもちろん、松本のパン屋さんやケーキ屋さんとコラボした、テイクアウトのスイーツやパンが楽しめるお店です。中でもおすすめしたいのが

名店アガタベーカリーとのコラボで開発された「丸山珈琲の牛乳パン」

コーヒーの風味が広がるふわふわの生地が、濃厚なミルククリームと相性抜群。甘くておいしいけれど、甘いものがたくさん食べられない人にはちょっぴり重たい牛乳パン。この牛乳パンなら、ペロリと完食できておすすめ。

イオンモールや松本市街地からそう遠くない場所にある丸山珈琲。敷居が高そうで入りにくい、と思っていた方も、まずはコーヒースタンドから。ぜひこの記事をきっかけに素敵なひとときを過ごしていただけたら嬉しいです。

店舗情報

住所 松本市中央2-20-2 信毎メディアガーデン1F/2F
TEL 0263-88-0016
営業時間 1F コーヒースタンド 8:00-18:00 / 2F 松本店 10:00~20:00
定休日 施設に準ずる
駐車場 有
予算 1000円前後
HP http://www.maruyamacoffee.com/ / 松本店のページ

松本のニューオープンカフェ3

LOCAL食堂 (2018/7/23 open)

千歳橋(せんさいばし)のすぐ近く、縄手通りの逆方向に向かったところにある、女鳥羽川沿いのお洒落な雑貨屋さん、THE DAY

こちらに、「LOCAL食堂」が併設されました。オープンは7月23日。まさにできたての飲食店です。

ウッド調で落ち着く店内は、カラフルなイスで遊び心もいっぱい。お店の中心と窓際に、一人でも座りやすい席が多く設置されています。お店に使われている雑貨や食器は、お隣のTHE DAYで購入することもできるそう。

LOCAL食堂は、「あなたの町の“ごはん泥棒”な食堂カフェ 信州の旬をお届けする食堂」をコンセプトにした飲食店。メニューには信州の素材がふんだんに使われているそう。定番メニューだけでなく、本日のお魚定食、本日のカレー、本日のどんぶり、本日のヌードルがあり、さまざまな定食を日替わりで楽しむことができます。今回いただいたのは、定番の山賊焼き南蛮定食

メインの山賊焼きに、季節の小鉢3つと信州みそを使用したおみそ汁、ごはんがつきますおみそ汁とごはんは、なんとおかわり自由。おみそ汁は赤みそか白みそを選ぶことができます。

季節の素材をいかした3つの小鉢は栄養満点で、なんだか懐かしい味。あぶらあげ、ネギ、なすが入ったおみそ汁は、だしが香るやさしい味わい
そして、メインの山賊焼きが絶品でおすすめだそう。サクサクの衣とやわらかなもも肉が、甘辛いソースと絶妙に絡み合って、たまらない。ごはんが進む最高のおかずです。

お洒落な雑貨屋さんの中にある信州に寄り添った飲食店、LOCAL食堂。“ごはん泥棒”に、心奪われてみませんか?

店舗情報

住所 松本市大手2-2-10 リバーサイド六九 THE DAY kitchen studio内
TEL 0263-88-7423
営業時間 11:00-19:00
定休日 施設に準ずる
駐車場 なし
予算 1000円前後
HP THE DAY HP  FB有

松本のニューオープンカフェに行ってみよう!

今回は、松本市に新しくオープンしたカフェを3店紹介しました。フレッシュなカフェがどんどん増えている松本。ほかにもこんなカフェを見かけたよ、というおすすめカフェがあったら、ぜひ教えてくださいね!

松本のおすすめカフェの記事も合わせて読んでみてください。

今年は暑すぎますが、みなさんがすこしでも彩りのある夏を過ごせたら幸いです。
ご愛読ありがとうめこでした!それではまた。

この記事を書いた人

うめこ

うめこ

1995年7月5日生まれ。人文学部4年生。
記事の校正、通称「うめこチェック」で目を光らせるナガユニの裏番長。食と人をテーマに、ナガノの「いいとこ」を伝えます。カフェ巡りとお洒落が大好き。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!