【諏訪市】SUWAガラスの里 美術館・体験・ショッピングが楽しめる

SUWAガラスの里に行ってみよう

こんにちは、みきです。

この前、諏訪市にある「SUWAガラスの里」に行ってきました。
楽しかったので皆さんに紹介したいと思い、今回、記事にしました。

SUWAガラスの里って?

諏訪の場所とアクセス

諏訪市 地図公益財団法人長野県市町村振興会

諏訪市は南北に長い長野県の中心あたりにあると言えます。
長野県一大きい湖・諏訪湖が有名で、映画「君の名は。」のモデルなのではという噂もささやかれています。

アクセスは普通電車だと松本からは40分ほど、長野からは2時間ほどです。

SUWAガラスの里ってどんなところ?

諏訪湖のほとりにあるガラスアミューズメント施設が「SUWAガラスの里」です。

SUWAガラスの里 外観信州とっておき情報

三角屋根が特徴で、目を引く外観です。
1992年、「ルネ・ラリック美術館」として生まれた後、「北澤美術館新館」と名称を変更します。日本最大級のガラス工芸美術館として多くの方々に親しまれてきたそうですが、2012年に現在の名称で新装オープンしました。

美術館やガラスショップ、体験工房など「ガラス」をいろいろな面から楽しめます。

美術館のみ入館料(高校生以上:500円)が必要ですが、他の施設は無料で入場できます。

アクセスはJR上諏訪駅からバスで20分ほど。バスは「かりんちゃんバス」「スワンバス」があってどちらも駅から片道150円です。

車の場合は中央自動車道の場合、諏訪ICから15分ほどです。私は高速道路を使ったのですが、ICを降りてからあっという間に感じました。

SUWAガラスの里へ潜入

ではここからは私が実際に行ってみたレポートをしていきたいと思います。

美術館

ガラスの里へ入るとまず、2階にある美術館へと続く大きな階段があります。

SUWAガラスの里美術館への階段SUWAガラスの里HP

美術館の中に入ると国内外の現代ガラス作家の作品がずらり

スペースはそれほど広くありませんが、1つ1つの作品が見応え十分です。

美術館 内部

20分ほどでゆったりと楽しめると思います。

線が細くてとても繊細な作品。見ていて思わずため息がでてしまいます。

ガラスアート

気が遠くなるような作業をしたのだと考えると、すごいですね…
私なら作っている途中でイライラしてしまいそうです(笑)。

見る角度によって印象が全く異なる作品

ガラスアートガラスアート

とても不思議です。

この作品のタイトルはそのまんま「キャベツ」だそう。

キャベツ

なぜガラスでキャベツを作ろうと思ったのか、その発想に驚かされます。

本物のキャベツを使って耐熱石膏で型を取り、そこに細かくて砕いた色ガラスを埋め込み、焼きます。冷却後、石膏型を取り出し完成だそうです。
このように、作品解説に制作秘話が書いてある場合もあるので、それらをじっくり読むもの楽しいと思います。

他にもきれいでうっとりする作品がたくさんあるのですが、実際に行ってみてのお楽しみということでこのあたりにしておきます。

そしてこの美術館、なんと写真撮影がOKなのでバンバン撮ってインスタ映えを目指しましょう(笑)。

写真撮影OK ポスター

また、展示品は季節ごとに変わるので何度来ても新たなガラスの魅力を発見できると思います。

美術館を出て2階から1階へ

美術館を出ると、ちょっとしたショップがあります。

ミュージアムショップSUWAガラスの里HP

廊下を進んで2階から1階へと降りると大きな大きなクリスタルボールが。

クリスタルボールSUWAガラスの里HP

このクリスタルボール、直径80センチ、重量676キロと世界最大なんだそう。
そして驚くのはそのお値段。なんと2億円!!
先日のブログリレーで、「100万円あったらどうする?」なんてテーマで書いていましたが、そんなの比じゃないですね。

見る角度によって7色に輝くらしく何とも神秘的です。

1階をさらに進むとガラス専門ショップ、体験工房、レストランがあります。

ショップ

こちら日本最大級のガラス専門ショップだそう。

私もまず入ってみて広い、と驚きました。

ショップSUWAガラスの里HP

子ども向けの雑貨から大人向けのグラスやアクセサリーまで様々なガラス製品がところ狭しと並んでいます。

商品数がほんとに多いので時間を忘れてしまいそうです。

あれもこれも欲しくなって目移りしてしまうこと間違いなしです。

体験工房

そんなショップの一角には体験工房があります。

体験工房SUWAガラスの里HP

ガラスアートを見ているうちに自分でもやってみたい!、と思う方も多いのではないでしょうか。

工房ではキャンドル体験やとんぼ玉体験などオリジナルガラス作品の製作体験ができます。

とんぼ玉製作体験SUWAガラスの里HP

旅の思い出に自分だけのガラス作品が作れるってなんだか素敵ですね。

私は今回時間がなかったので体験できなかったのですが、時間が許す方にはぜひやっていただきたいです。

製作するものによってそれぞれ値段や体験時間などが違うのでよく確認して自分にぴったりなものにチャレンジしてみてください。

お腹が空いたらベーカリーレストラン「カンパーニュ」へ

美術館や体験を楽しんでお腹が空いたら併設されたレストラン「カンパーニュ」へ。

自家製パンや高原野菜を使った料理がウリのレストランです。

ポットDEシチューSUWAガラスの里HP

こちらは「ポットDEシチュー」という人気メニュー。
器が食べれるなんて夢があります。

ランチメニューにはすべてパン・ライス・ジャム・サラダ・惣菜・スープのバイキングつきなのがうれしいポイント。

諏訪湖を眺めながら優雅にランチはいかがでしょうか。

諏訪のsuwaガラスの里で芸術を感じよう

いかがしたか。

諏訪には今回紹介したガラスの里以外にも美術館がたくさんあるので美術館巡りをするのもいいですね。

では、また次回の記事で。みきでした。

詳細情報

名称 SUWAガラスの里
住所 〒390-0016 諏訪市豊田2400‐7
電話番号 0266-57-2000
入場料 無料、美術館のみ 高校生以上は500円
営業時間 年中無休 4月~9月 9:00~18:00  10月~3月 9:00~17:00 (美術館への入館受付は閉館30分前まで)
備考 駐車場220台
HP http://www.garasunosato.com/

 

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!