信州往復切符!長野-松本の電車がお得に行ける方法 購入方法・有効期限まで

長野-松本間は電車で行くのがおすすめ!

長野-松本 電車

こんにちは!編集長のおーはし(@rihoryry)です。

皆さん、長野~松本間を行く時お得になる方法があること知ってました?その名も「信州往復切符」。今回は松本〜長野へのアクセスについて、お得になる方法「信州往復切符」も含めて解説して行こうと思います。

長野に行くなら、観光スポットとして長野と松本両方行きたい!という欲張りなあなたにもぴったりですよ。

長野松本の距離・移動手段

場所や距離は?

長野-松本 距離・位置楽天トラベル

県庁所在地である長野と国宝松本城がある松本。その二つの位置関係になります。長野善光寺から松本駅は距離にして、約60km。1時間ちょっとで行ける距離は嬉しいですね、

長野松本の移動手段

長野-松本に行くには、車、電車、バスの3つの選択肢があります。互いに長野駅or長野インターと松本駅or松本インターを起点としています。

二人以上ならおすすめ!料金は片道1650円、往復で3300円。所要時間は高速を使って1時間ほど。下道でも2時間かからないのですが、山を超えるので道が険しく初心者の人や運転が苦手な人は避けた方が良いかもしれません。

電車

もっともおすすめ!電車の料金は片道1140円、往復2280円。所要時間1時間半。1時間に1本ほど電車が走っており、本数は十分あるかと思います。

今回おすすめする「信州往復切符」は往復で1480円となっています。乗車券の区別が違うだけで、所要時間・乗車方法や本数は同様になっています。

バス

バスの料金は片道1200円、往復2400円。所要時間は1時間半ほど。6時や18時などは30分に1本便がありますが、その他の時間は1-2時間に1本となっています。

長野-松本移動のおすすめは電車「信州往復切符」

電車限定!信州往復切符(お得切符)とは?

長野-松本 電車 信州往復切符JR東日本

長野方面⇆松本方面にある電車限定のお得な切符。有効期限は2日間で長野方面(篠ノ井〜長野)から松本方面(岡谷〜松本)の間で約2割ほどお得な料金で電車に乗ることができます。

今回は松本ー長野間について。長野と松本間は移動する人が多いため、非常に重宝されており地元の人が日々使っている乗車券でもあります。

使用の注意点

有効期限が2日間であること。

長野-松本を観光で日帰りや一泊の旅行であれば非常におすすめです。また、県内の利用で友人に会いに行くなどのプチ旅行にも良いですね!

ただ、2泊以上の旅行や長期滞在を考えている方にはおすすめできないかもしれません。

購入方法

実は最も難しいのが購入方法。

まず電車を普段のると同様に、券を買うため券売機に行きます。今回は松本駅で撮影しましたが、長野駅でも同様に券売機があるので同様の手順で大丈夫です。

長野-松本 電車 券売機

最初の画面がこちら。ここでおトクなきっぷを押します。

長野-松本 券売機 表示画面

画面が切り替わり、「信州往復切符」が出てきます。信州特急料金の回数券があるので間違えないようにしてください。

長野-松本 電車 券売機 信州往復切符

信州往復切符(篠ノ井〜長野)を押します。すると、1枚1470円と表示され、お得に購入できます。(今回私は2人なので2940円になっています。)

長野-松本 電車 信州往復切符 購入方法

切符が二枚出てきて、「ゆき」「かえり」で分かれているので間違えないように改札を通れば完了です。

長野-松本 電車 信州往復切符

購入方法だけが少しムジカしいので、しっかりと確認して当日購入してもらえたら嬉しいです。

細かな信州往復切符の利用条件

JR東日本が出している、利用条件はこちら。

・普通列車(快速含む)の普通車自由席がご利用になれます。
・経路は篠ノ井線・中央東線経由です。
・途中下車はできません。
・有効期間開始日の変更は、有効期間内で未使用の場合、1回に限り行います。なお同じ設定区間への変更に限ります。

JR東日本

電車に乗った後は途中下車ができないことや、有効期限の開始日の変更が1回までなのも押さえておきたいポイントですね。

長野松本を往復切符でお得に楽しもう!

長野-松本 電車 改札

いかがだったでしょうか?

これで長野-松本の移動もバッチリですね!電車の信州往復切符は非常にお得なので、ぜひ活用してもらえればと思います。

素敵な長野-松本旅を楽しんでください〜!

この記事を書いた人

おーはし

おーはし

1995年12月30日生まれ。経済学部4年。
1年間の休学を経てnagauniを開設する。仕事のスピードは神速。
美味しい料理とお酒が好き。主に、お役立ち情報を発信してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!