【”楽都”を楽しもう】松本市コンサートホールまとめ!演舞傾向・設備・レストラン

こんにちは!みなさんは、音楽や演劇などの芸術が好きですか?

「楽都」である松本市では、さまざまな音楽に関する催しが行われています。
代表的なものとしてあげられるのは、8月中旬から9月上旬にかけて行われる、セイジ・オザワ松本フェスティバルなどですね。このような催しや、コンサートが行われるときに重要なのが、コンサートホール。
今回は、「楽都」松本市にある大きなコンサートホールをまとめてみました。ホールに併設されている素敵なレストラン情報も少し、書いてみました。それはどうぞ!

キッセイ文化ホール

信州大学松本キャンパスの北側で、松本市総合体育館の隣に位置する大きな多目的ホールです。その大きさは、松本市内で最大級。ゆえに、さまざまな公演がここで行われています。

キッセイ文化ホール
長野県魅力発信ブログ

音響設備が充実しているため、国内外の有名アーティストのコンサートがここで行われ、先述した「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の主会場にもなっています。また、市内のアマチュアの音楽団体による演奏会や音楽イベントも、ここでよく行われています。
ホールは中に2つあります。2階席まであり、広々と良い音響を楽しめる大ホールと、移動席で構成されている中ホールです。

キッセイ文化ホール 大ホール
キッセイ文化ホール

付属施設として、リハーサル室や国際会議室、会議室があるため、コンサートなどの公演以外の目的での利用も可能です。実際に、様々な団体が会議や市民講座などの目的でこの施設を利用しています。
利用申し込みの際には、キッセイ文化ホールに直接足を運び、申し込む必要があります。

また、キッセイ文化ホール内には「レストランパウゼ」という食堂もあり、ここで美味しいお食事をいただくことができます。コンサートや会議の前の休憩に、いかがでしょうか。

レストランパウゼ
ケータリングサービス第一

所在地 松本市水汲69-2
電話番号 0263-34-7100
アクセス JR松本駅下車後、バスで20分
(信大横田循環線「総合体育館」で下車後徒歩3分、あるいは横田信大循環線「松本第一高校」で下車)
座席数 大ホール:2000席 中ホール:746席
HP http://www.matsubun.jp/

まつもと市民芸術館

松本駅お城口から直進したところに位置する、広々としたホールです。

まつもと市民芸術館
まつもと市民芸術館

外装と内装がとても綺麗で、様々な公演を上品な雰囲気の中で鑑賞することができます。行われている公演は、コンサートのみならず、演劇やオペラ、ダンスなどの舞台芸術が多く行われています。
馬蹄型で赤色の壁面が特徴的な主ホールの他に、ワンボックス型の小ホールがありますが、小ホールでは公演のほかに映画の上演もよく行われています。

まつもと市民芸術館 主ホール
まつもと市民芸術館

ホールの他にスタジオや会議室も併設されており、様々な用途に用いられています。また、2階には「芸術館レスト井Say」もあります。オープン形式のレストランで、地元食材を使った和食中心の創作料理をここでいただくことができます。

芸術館レスト井Say
まつもと市民芸術館
所在地 松本市深志3-10-1
電話番号 0263-33-3800
アクセス JR松本駅より徒歩10分
座席数 主ホール:1800席 小ホール:288
HP https://www.mpac.jp/

音楽文化ホール

このホールは、市街地から離れたところに位置しています。上高地線の島内駅から歩いてすぐのところにあり、「ザ・ハーモニーホール」という愛称で親しまれています。

音楽文化ホール
ずくラボ!

先述した2つのホールに比べると小規模ですが、音響も良くお洒落な雰囲気で、人気の高いホールです。
公演はクラシック音楽や合唱のコンサートがメインですが、様々な催しが行われています。音楽専用のメインホールと、多目的ホールである小ホールにはオルガンがあり、オルガンのコンサートもよく行われています。

音楽文化ホール メインホール
ConcertHall.me

併設されているカフェ・レストラン「Chant Table(ちゃんとてーぶる)」では、地産地消にこだわった美味しい洋食や軽食をいただくことができます。

ちゃんとてーぶる
Chant Table
所在地 松本市島内4351
電話番号 0263-47-2004
アクセス JR島内駅から徒歩3分
座席数 メインホール:693席 小ホール:180席
HP https://www.harmonyhall.jp/

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は松本市内の3つのコンサートホールをご紹介しました。松本市はとても質の高い音楽を楽しむことができる街です。ここまでご紹介したホールで、芸術に触れてみませんか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人

柴田

柴田

1997年8月26日生まれ。人文学部3年。
会議の場を和ませるnagauniの月明かり的存在。事務仕事が得意。
長野の魅力を「わかりやすく」伝えます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!