「アルプスの絶景を楽しめる!」安曇野の観光名所、長峰山の見所&アクセスまとめ

こんにちは!天気の良い日が続きますね。そんな日には、景色の綺麗なところに行ってみたい!

中信地区には色々な絶景スポットがありますが、その中でも特におすすめしたい場所が、長峰山。北アルプスを一望することができる長峰山は観光スポットとしても大人気なんです。

そんな長峰山に今回行ってみました!

長峰山とは

長峰山信州四季の風景

安曇野の東側にある長峰山(標高933m)山頂の展望広場。昭和45年5月に作家の川端康成、井上靖、日本画家の東山魁夷が揃ってこの場所に訪れ、眺めを「残したい静けさ、美しさ。」と絶賛したことでも有名になった山。

アクセス

山は遊歩道もあり、歩くこともできますが、まずは車で行くのがおすすめ!

車のアクセス
松本ICから車で40分
安曇野ICから車で30分

交通機関のアクセス
最寄りのJR篠ノ井線明科駅からタクシーで15分

長野県安曇野市明科中川手6805-184

見所

目の前には、安曇野の田園風景が広がり、蝶ヶ岳、常念岳、大天井岳、燕岳といった北アルプスの名峰が一望できます。また、犀川、高瀬川、穂高川の三川合流を見下ろせる山としても大人気。山頂には展望台もあり、360度のパノラマが広がるのをゆっくりと見られる憩いスペースもあり、地元の人にも愛される場所にもなっているそう。

行ってみた!

まずは302号線を真っ直ぐ行くと、右手に茶色と黄色の看板が出てきます。そこを目印に右に曲がります。

山道をひたすら走っていきます。けっこう道幅が狭いので、車が前からきた場合は待避所まで移動するなどのご注意を。運転に慣れていないと少し難しいかもしれないです。

長峰山道のり

一本道なので迷わずくねくね走って行くと、看板を発見!!右と左への分かれ道があるのですが、長峰山を行く際は左に曲がります。

長峰山案内図

曲がってすぐ遊歩道が!!

長峰山山頂遊歩道

歩いてくる人はここから車とは別の道になり、ここを登って行くようです。面白そうですが、炎天下なので諦めました。笑

 

そのまま山道を道なりに走っていきます。

長峰山山頂への道のり

おお!!車が見えてきました。ここが展望台の駐車場。

長峰山山頂駐車場

県外ナンバーの車がたくさんあり、観光スポットであることが伺えます。それに、10台ちょいある駐車場もほぼ満車で、奇跡的に1台だけ空いていたので駐められました。超人気!!

右上の木の建物が展望台です。

長峰山山頂駐車場からの景色

車から降りて、展望台までの100mほどを歩きで向かいます。足元は石や砂で不安定なので、スニーカーをおすすめ。私が行った日は雨の次の日でぬかるんでいて、スニーカーも少し汚れたので、そんな日はより注意が必要です。

長峰山展望台に向かう

展望台に到着!!

長峰山展望台

展望台の奥には、絶景が広がります。

長峰山山頂

綺麗〜〜!!!

長峰山山頂からの景色

今回は少し雲がかかってしまっていますが、晴天の日はアルプスの山々がくっきり見えますよ!

展望台に登ってみた

展望台の中はこのようになっていて、階段から上にあがっていけます。無料なので、必ず登ってください!

長峰山展望台内部

登っていきます〜!

長峰山展望台階段

展望台内の様子。

オブジェを正面にした時の、4面(正面、左、右、後ろ)の景色。

正面

長峰山展望台からの景色

長峰山展望台からの景色 右

長峰山展望台からの景色 左

後ろ

長峰山展望台からの景色 後ろ

絶景すぎますね。一度は見てもらいたい景色です。私もテンション上がって、友達にラインで送りまくってしまいました。笑

休憩スペースもあるので、ゆっくりすることもできます。ご飯を食べてる人達もいましたよ〜。

長峰山展望台頂上の内部

展望台での出会い

展望台から下りて来た時に、柱の横になにやらノートを発見!

長峰山登頂記録

いいですね〜!山を介して繋がる。ノートを通じて、人々の思いや喜びが伝わって来て素敵な気持ちになりました。こういうのも山を訪れる楽しみの一つなのかもしれません。

施設(キャンプ場・売店・食事処)

先ほど、一度だけ分かれ道があると言ったのですが、そこで右の展望台とは逆である、左に行くとキャンプ場や売店、食堂などがあります。

長峰山周辺施設

売店・食事処

長峰山周辺食事処

メニュー

山の上でとても気持ちが良い場所で、食事ができるのは嬉しいですね。定食やお蕎麦が頂けるそうです。一度立ち寄ってみては?

長峰山周辺食事処メニュー

帰り道

帰り道も、行きに通って来た道を戻って行くと、302号線に出ることができます。安全運転で帰りましょう!

終わりに

いかがだったでしょうか?

今回は写真多めで、長峰山の景色や雰囲気を楽しんでもらえたらと思い書いてみました。私も、長峰山に行くのは初めてだったのですが、中信地区で景色の良い場所に行くなら、長峰山が一番良いと思うほど感動しました。

ぜひみなさんも一度は訪れてほしい場所です!良い景色に気持ちい風にあたりながら過ごす、休日。いいですよ〜!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

この記事を書いた人

おーはし

おーはし

1995年12月30日生まれ。経済学部4年。
1年間の休学を経てnagauniを開設する。仕事のスピードは神速。
美味しい料理とお酒が好き。主に、お役立ち情報を発信してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!