写真の話をしよう -みんな使ってる?実は有能!iPhoneの写真アプリー

あ、みなさんどうも青山です~

突然ですが、皆さん。スマホは何を使っていますでしょうか?iPhoneをお使いの方はかなり多いと思いますが、今回の記事はタイトル通りiPhoneユーザー向けの記事です。アンドロイドをお使いの皆様も「こんなことができるのか~」という感じでお付き合いくださいね。

皆さんは写真を撮るとき、スマホのカメラを使うことが多いと思います。突然のシャッターチャンス、友人との楽しい思い出、料理写真等々様々なシーンで使われますよね。それらの写真をSNSで共有した時、より映えるようにすべく、構図のほかに「より綺麗であること」が求められ、様々な加工アプリが出たりしています。

皆さんは、「スマホカメラでは綺麗な写真は撮れない」って諦めてはいないでしょうか?

実はiPhoneに入っている「写真」という標準アプリでの加工で綺麗な写真に作り上げることができます!難しいことは何も考えなくても直感的に使えるのでとても簡単です!

写真アプリで写真を仕上げよう!

今回使用する写真はこちら!

元町のスターバックスで撮影しました。iPhoneのカメラは超広角なので、それを生かして雲の雄大さと空の青さを表現するべく撮影しましたが、青空の発色がイマイチなので納得がいくところまでいじってみることにします。加工するための項目を開くには、写真やや右下のツマミのようなイラストの部分をタップします。ここからは編集する項目ごとに説明していきます。

編集するときは各項目を順番に調整していく感じで大丈夫です!まずは「ライト」と書いてある項目をタップしましょう!!

「ライト」での加工術

さらにライトの項目をタップするとこのようにずらーっと項目が出てきます。各項目の説明も交えながら進めていきます。

・ブリリアンス

iOS10から加わった編集項目です。写真の明るさを調節するもので、例えば接写(近づいて撮ること)で撮影した時、自分の影が写真に写りこんでしまう場合があります。そこでこの項目を調節することでその影を低減させることができます。ここでは使用しません。

・露出

ブリリアンスと効果はほぼ同じですが、写真全体の明るさを調節するための項目です。今回は写真の色を濃くすることで青空の色を出していきます。このままの明るさでは色が黒く潰れてしまうかもしれないので、あらかじめ明るさを白く飛ぶ寸前まで明るくしておきます。

これが明るくしすぎて白飛びしてしまった画像。黒でマークしたところが白飛びしているところです。

こちらが白飛びの寸前で止めた写真。あらかじめに白飛びポイントまであげて、そこから少しずつ下に下げてぎりぎりのところで止めるのがポイントです!

・ハイライト

この項目は写真の明るいポイントをより明るくしたり、暗くしてみたりするところ次の項目で説明する「シャドウ」と一緒に調節することでよりメリハリのある写真の仕上がりになります。ここでは使いません。

・シャドウ

ここでは写真の暗い部分をより暗くしたり明るくしてみたりするところ。ここで写真の左側を少しだけ明るくしてみます。

なかなか変化がわかりづらいと思います。どんな感じになるかは一度この項目を最大値まで上げてみるとわかりやすいかと思います。

・明るさ

ここでは先ほど説明した「露出」と効果はほぼ同じです。露出より細かい調節がここではできるのでここでも少し明るくします。

・コントラスト

ここからが本番ですね!この項目では色の濃さを調節します。先ほどの「ハイライト」と「シャドウ」でもある程度のメリハリは表現できますが、それ以上にはっきりとした写真に仕上げることができます。

コントラストをいじる前と比べて青空の色が青くなり、雲とのメリハリが強くなったことがわかると思います。この項目を調整しすぎると違和感のある写真が出来上がります。違和感のない程度で調節しましょう。

・ブラックポイント

この項目は写真の一番暗いポイントを基準に(写真なら下の木の部分)全体のニュアンスを決めるものです。これも結構大事で、いじりすぎると違和感が出てくるので、まずどんな感じか試してから調整しましょう。

前の項目と比べてより青空が青くなったことがわかると思います。

・カラーでの加工術

 

 

ブラックポイントまで調整し終えると今度は6色で構成された円形のマーク「カラー」の項目になります。ここでは写真の色全般の調節を行うところです。どれも写真全体の印象を決めるものになるので慎重に行いましょう。

・彩度

色の鮮やかさを調節するための項目です。ここも調整しすぎると現実離れした仕上がりになるので程よく調節しましょう。

彩度を最大値にしてみたときの写真。どこか幻想的な印象になります。でも私はあまり好みではないのでここまでしません。

 

こちらが調整後の写真。現実的な感じに近づいてきましたね。

・コントラスト

「なんだ、さっきもおなじやつ出てきたじゃないか」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これはまた違う項目。彩度で調整された写真に対してその濃さを微調整するものです。マイナスに倒せば薄い感じになりますし、プラスに倒せば濃くなります。

・キャスト

ここでは全体の色温度を調節します。プラスに倒せば赤みが出てきます。夕焼けを撮った時に最後の調節なんかで使うと良いでしょう。マイナスに倒せば青みが増します。少しだけ青さを足してみることにします。

そうして完成された写真がこちらです!

気温が下がり、夏に比べ澄んだ空を十分に再現でき、雲もよりはっきりとしたものに仕上がりました!

最後に

ここまで、順を追って説明しましたがいかがだったでしょうか?

実は私がiPhoneのカメラを使い始めたのはつい最近!手軽でそれなりに写真ができるので、スナップショット程度になら全く問題なく使えます!私が写真を撮ってツイッターやインスタグラムのストーリーに掲載するまでにこの工程は絶対に通りますが、その時に「ここはこんな効果があるのか~」といったことはいちいち考えていません!

順番にパパっと調整して仕上げるまでに2分もかかりません。それぐらいに直感的に操ることができる高性能なアプリなのです。皆さんもSNSに掲載する前にひと手間を加えてSNS映え写真の仲間入りをしてみては?

 

この記事を書いた人

Hajime Aoyama

Hajime Aoyama

1999年9月生まれ。工学部1年。
多趣味に生きるカメラ男子。
機動力を片手に「好きなこと」にまつわる記事を執筆します!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!