【小ネタ】信州大学とアメリカは似ているという話

 

#春から信大 って方も、#春からも信大 って方もこんにちは、松本の松本です。

 今回は、何を血迷ったのか、あまりにも唐突な話でスタート。

 

それではさっそくいってみよう!

 

ちゃーんちゃちゃーんちゃーんちゃーんちゃーん!(アメリカ国歌)

信大=アメリカ  …?

この方程式は、線をいくつか足しても、紙を折ってみても、モヤッしてしまいますね(IQサプリ)。

しかし、ある方向から見たとき、いくつかの真実が見えてくるのかもしれない…

 

根拠1

 

ここで社会の勉強です!

Q.アメリカは、人種の□と呼ばれている。さて、□に入る言葉は?

1,るつぼ

 

 2,サラダボウル

 

3,パッチワーク

   

気になる答えは…!?

 

2.人種のサラダボウル

でした〜!

 

解説:アメリカでは様々な人種、文化、宗教が存在することから、人種のるつぼと言われていたが、るつぼの中身でそれぞれが混ざり合うのではなく、個々の存在や文化がはっきりしていることから、サラダボウル(トマトはトマト、レタスはレタスと、混ぜても一つ一つがはっきりと存在している)と呼ばれるようになった。

 

では、信州大学における各県出身者の割合を見てみましょう。

学内の割合

検証

参照元
https://www.pref.nagano.lg.jp/kikaku/documents/documents/shinshudaigakushiryou.pdf

 

もう分かりましたね?はい、そういうことです!
北は北海道から南は沖縄まで、様々な地域の文化を持った人が信大には来ています!そして、自分の文化的背景に裏付けされた生活を営んでいます。それはまさに人種のサラダボウルと言えるのではないでしょうか!

 

根拠2

アメリカにはアラスカという飛び地がありますよね?また、ハワイ州という離島もあります他にも、グアムなども有名ですね。

 

信州大学は俗に言うタコ足大学というやつです。

はい、もう分かりましたね?つまりはそういうことです、理解してください(雑)

 

まとめ

というわけで、驚くほどに雑な根拠2つで信州大学はアメリカだという説をたててきたわけですが、いかがでしたでしょうか?

え?あ?だめ?

 

あ、はい、そうですか。そういうことならこの記事はお蔵入りですね(泣)

もしこの記事があなたの目に写っているということは、お上様からのお許しがでたということでしょう。

 

信州大学は本当に全国から人が来ているので、話していてふとした時の言葉の違いや行動の違いなどがとても楽しいです。是非他県から来た人に興味を持ってください。そうしてもらえると、少しでもこの記事を書いた意味があるというものです。

 

またこのサイトでお会いしましょう。ありがとうございました!

この記事を書いた人

mtmt

mtmt

関西人。小さな喜びを噛み締めて生きていく系クズ。道端の10円玉になれなかった何か。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!