上級生が教える「失敗しない!」サークル選びのコツ・雰囲気を掴み方

大学合格おめでとうございます!

久しぶりの投稿です。これから大学生活をスタートさせるにあたって、サークル選びに困っていませんか?今回の記事では失敗しないサークル選びのコツを紹介していきたいと思います!参考にしてみてください!

サークルの基本

大学のサークルは「週〇回の活動、月〇回の飲み会、長期休暇に合宿(旅行)」の型にほぼ100%当てはまります。

そしてもう一つ言えるのは「似た者同士が集まる」ということです。それぞれのサークルに特有の雰囲気があり、それに馴染めた人達によって構成されています。大学のサークルは類は友を呼ぶという言葉をよく体現していると思います。

コツその①

まず一つ目は雰囲気を知ることです。

先ほども言ったように、サークルは似たもの同士が集まっています。そのため、同じテニスのサークルでもいくつも存在したりしています。自分に合った空気感を持つサークルを探しましょう。

サークルの雰囲気を知るためにするべきことは

新歓に参加しまくる

ことです。

サークルの雰囲気を知るにはそのサークルに一度参加してみることが一番です。

大学に入る前のオリエンテーションなどで上回生に死ぬほど勧誘のビラをもらいます。また、大学構内の掲示板にはサークルのビラが大量に貼ってあります。そこには必ずガイダンスや新歓の日程が書かれているはずです。

少しでも気になるサークルには躊躇せず一回新歓に参加してみましょう。

いや、気にならないサークルでも新歓に参加しましょう。ただ飯が食えます。

大抵のサークルの場合、ガイダンスの後にご飯を連れて行ってもらえます。私の知る限り、ほぼすべてのサークルで先輩が夕飯を奢ってくれます。

4月は毎日外食三昧!

コツその②

コツその②は無理がないかです。

どういうことかというと、「活動頻度、金銭面の負担が自分に合っているかどうか」を考えるということです。あまりに活動の頻度が多すぎていて自分のやりたいことができなかったり、勉強がおろそかになってしまっては元も子もありません。活動頻度、サークル費はガイダンスに出席すれば教えてもらえるはずです。

 

過労死しないように

自分の勉強面やバイトの日程などを加味して、無理のないサークル選びをしましょう!

コツその③

サークル選びのコツその③は、あらかじめやりたいことを決めておくことです。

大学生になって何をやりたいか、どんなことを頑張りたいかをあらかじめ決めておけばそれにあったサークルを見つけやすいです。やりたいことに沿ったことをできるサークルを探してみましょう。

最後に

サークルへの加入は大学生活の充実、人脈の広がり、趣味の多様化などたくさんのメリットがあります。

大学のサークルは高校までの部活とは違って、活動への参加の強制もありません。とりあえずで入っておくのも大いにありだと思います。

自分に合ったサークルに入って楽しい大学生活を送りましょう!

ご意見番

取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!