【信州大学サークル紹介】第二新聞部NOA

 

1 雰囲気

 

ご覧の通り、老若男女が、学内学外を問わず跳梁跋扈しているサークルです。

飲み会は年に6回程度行っており、お酒が飲める人が少ないので平和に飲んだりカラオケに行ったりしています。実際はテンションがちょっと高い程度の隠キャが多いです。

比較的ボックスが広く、こたつとソファーがありとても快適です。普段はボックスで麻雀やスマブラをしています。

 

2 サークル紹介

 

おかげさまで創部20周年を迎えました。現在大学主導で行われている授業アンケートを初めて行った団体が第二新聞部NOAです。

「自らを書きおろせ」が創立当初のスローガンだったようです。

現在でもその精神は受け継がれていて、部員の各々が取材したり、やってみたいテーマを持ち寄り、自分たちで文章、レイアウトを考えて記事にしていきます。

 

最近行われた主な企画としては:

・「いす-1グランプリ出場(昨年度成績8位)」

・「銀嶺祭での出店(昨年度はキュウリの叩き売り)」

・「信州でもできる流刑 in 野尻湖」

・「デリシア全店舗完全制覇スタンプラリー」

などに加え、オファーを頂いた大王製紙さんとコラボレーションし、当時のミスター&ミス信大と一緒にプロワイプの宣伝に協力させて頂いた「プロワイプ特別号」などがあります。

 

また、新たなエクストリームスポーツを作り出し、実際に遊んでみるという活動も日常的に行っており、近年では

・「ライディング・インディアンポーカー(自転車に乗った2人の選手がトラックを互い違いに走り、すれ違った瞬間にインディアンポーカーをする、総合格闘技)」

・「ランニングしりとり(お題に沿ってしりとりをするが、決められた時間内にグランドを1周してから答えなければならない総合格闘技)」

・「学務お百度参り(1年の単位の豊作を祈願し、サークルBOX~学務間を裸足で100往復する、総合格闘技)」

などがあります。

 

要するに思いつきです。思いつきを全力で最後までやりきるというところがNOAの魅力だと考えています。

なお、こういった企画の案は週一回行っている編集会議や、普段の会話から生まれます。

「やりたいこととして特に決まったものはないけど、何か面白いことがしたい」「長野県を舞台に、体を張った探検的なことがしたい」「ヘンなことをして目立ちたい」「私は目立ちたくないけど、そういう人たちを横目で見たい」という人たちにオススメのサークルだと思います。

 

なお、今年度の目標として

・「流しそうめんのギネス記録に挑戦する」

・「いす-1グランプリ3位入賞を目指す」

・「小平奈緒選手にインタビューをする」

などがすでに挙がっており、こういったことに挑戦してみたい人の入部も歓迎します。

 

 

概要

 

 

活動内容 年6回、冊子(フリーペーパー)の発行を行います。

松本キャンパスにて、週一回(現時点では水曜日)18時から編集会議を行います。

会議の内容としては、次に出す冊子の案出し、進捗確認、連絡などです。

今年から「長野・上田支部」も発足し、適宜集合して活動していく予定です。

募集年数 制限なし
活動年数 制限なし
部員人数 29人

現在ほぼ全ての学部・キャンパスに部員が在籍していますが、工学部生が一番多いです。

女性部員数 5人
部費 年間2000円(昨年度実績)
公認or非公認 結構昔から公認サークルらしいです。

3 スケジュール

年6回程度の飲み会に加えて、年1回、夏休みに部の行事としてサークル旅行に行っています。

4 新歓情報

上記のビラ参照

 

公式ツイッターは @news_noa です。疑問点等あればリプ、DM歓迎です!

 

5 メッセージ

 

信大には冊子(フリーペーパー)を発行しているメディアサークルと委員会がNOAを含めて3つあります。
CABさんとAZuminoさん、そしてNOAです。

NOAにはCABさんのようなオシャレさ、委員会AZuminoさんのような安定感はないかもしれません。ですが、彼らに勝るとも劣らない面白さはあると自負しているので、「面白いことがしたい人」「何かを発信してみたい人」「何かを成し遂げたい人」は、ぜひNOAのガイダンスに来てみてください。

NOAは伝統的に1年生が主体のサークルです。入部後には1年生が中心となって作る冊子「Free Tide」の発行がすぐに控えていて、企画を行って記事を作る機会はすぐにやってきます。

その際はIllustratorなどの編集ソフトを用いて作っていくのですが、先輩たちが記事作りのノウハウも含めて丁寧に教えてくれるので、安心してください。

ガイダンスでお待ちしています。

 

ご意見番

取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!