【信州大学サークル紹介】アイドル研究会

 

1、雰囲気

昨年行われた初の飲み会の様子。好きなアイドルの話で盛り上がった

 

カラオケでの様子
最近ではロックバンドだけでなく、地下アイドルのライブ会場でもお馴染みの”リフト“
『リフトとはオールスタンディングのライブでファン2~3人が別のファンを頭上に持ち上げる行為』他にもカラオケでレコーダーを借りて鑑賞会を行った。

 

2、サークル紹介特徴

〜アイドルが好きな信大生は君のすぐ近くにいる。仲間を見つけて華やかな学生生活を送ろう。〜
ドル研にはハロプロ、48グループ、坂道、ももクロ、でんぱ組.inc、エビ中、BiSH、まねきケチャなどなど様々なヲタクがいます。必ず仲間は見つかりますよ!
また各学部に複数人いる、強制的な活動がない(当たり前)、女子が部員の4割(20人)もいるなど、入りやすさ抜群です。

 

概要

 

活動内容 各キャンパスに部員がいるため、決まった活動はありません。グループラインを作っているので、そこで情報共有をしています。チケットやDVDの貸し借り、一緒にライブに行く等しています。予定が合えば、飲み会やカラオケ、鑑賞会をします。皆忙しく、活動のメインが部員交流よりもSNSでのライブのレポートになっているのが現状です。
募集人数 制限なし
活動年数 2年半
部員人数 49人
男女比率 3:2
部費 なし
初期費用 なし
公認or非公認  非公認(一昨年度は公認)

 

3、スケジュール

5月、12月に全体で集まりました。予定が合えば、鑑賞会やカラオケ、飲み会などを各々で行なっています。(多くても月1程度)
あとは好きなアイドルのDVD鑑賞、ライブ参戦など… It’s all up to you!!!!!

 

4、新歓情報

 

5月の中旬には集まると思うので、それを新歓と呼ばせてください(笑)とりあえず行ってみて、アイドルの話で盛り上がって、交流の場にしてもらえたらと思います。

 

 

5、メッセージ

アイドルオタクであるという意識

アイドルオタクというと、どのようなことを思い浮かべるだろうか。チェックシャツにジーンズ、リュックにバンダナというイメージ、あるいは同じCDを何十枚も購入し、アイドルのために毎週のように日本中を駆け巡る特徴的な行動だろうか。

 

そしてあなたがそのアイドルオタクであるならば、どうだろう。肩身の狭さや気恥ずかしさを感じるのだろうか。

 

 否、その考えは遅れていると言わざるを得ない。アイドルの市場規模は1186億円とも言われ、多くの人がアイドルを身近に感じているはずだ。

特に若い世代ではアイドルオタクに対する負のイメージはほとんど払拭されているのかもしれない。

 

また最近のアメトークではアイドル大好き芸人の特集が組まれていて、今やオタクでいることに何の恥じらいも感じる必要はないのだ。

 

近年、アイドルという存在はより身近なものになり、多種多様なアイドルが生まれてきた。同時にアイドルに憧れる人々も増え、応援の仕方も人それぞれになってきた。

 

アイドル研究会でも応援の仕方は様々で、同じ熱量を持ったメンバーを見つけ出すことは容易である。だからこそ、ドル研を交流の場にして、仲間を見つけてほしい。

 

ドル研で恥じらいを感じることはない。仲間の存在はグッズの貸し借り以上に貴重な経験や思い出を与えてくれるはずだ。ドル研のグループラインに入ろう!

 

最後にドル研のメンバー数名に推しを聞いてみた。

 

※現場とはライブ会場など実際にアイドルを見ることのできる場所のこと。

 

ご連絡はお気軽に→ Twitter: @helloshinshu1

                  Mail: helloshinshu@eay.jp

 

 

ご意見番





取り上げてほしい推薦や企画、募集中です!